屋根の耐用年数は、仕上げ材の耐用年数ではありません

アスベストのスレートは20年、ガルバリウム鋼板(普及品)の耐用年数は、25年。
石粒付鋼板・ジンカリウム鋼板は、50年の耐用年数があるとメーカーは言
っています。 瓦(釉薬瓦、陶器瓦)は、60年で屋根材の中では、一番耐用年数が
長くて、現在これを越せる材料はありません。屋根の一番上に施工するのが仕上
げ材と言いますが、これが屋根の耐用年数でしょうか?

●耐用年数の定義;
そもそも屋根の耐用年数って、どのようになったら、寿命なのか?あまり教えて
くれるサイト、屋根屋、メーカーがありません。わざわざメーカーに聞けば教え
てくれるかもしえませんが・・・「お助け隊」は屋根の寿命、耐用年数は、
(屋根材の耐用年数ではないです、屋根の耐用年数です)屋根の機能が失われた
とき、本来あるべき機能が失われる年数を耐用年数、寿命と定義します。


屋根の機能とは;
 1: 「家の意匠を綺麗に見せる」
 2: 「雨、風などから家を守る」のが、2大機能です。

 屋根の美しさが失われることは、その美観のあり方で、見方に個人差がありま
すので、また美観が失われたとき、屋根を張り替えるお客様もいらいしゃいます。
しかし、多くのお客様の場合、命に関わる「雨、風から家を守る」機能、役割が失われたら、 雨漏りがひどくなったら屋根の寿命が尽き、張り替えになります。

お問い合わせメールはこのアドレス宛にお願いします。

●屋根の耐用年数=仕上げ材の耐用年数か?

 日本の一般の木造住宅の屋根は、3層構造です。 
 1: 下地材(コンパネ、野地板の場合もあります)
 2: 防水材・ルーフィング(アスファルトルーフィング、ゴムアスとか言う
    ものです)

 3: 仕上げ材(瓦、スレート、ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、トタ
    ンなどの材料)

で構成されています。 

問題です。

それぞれの耐用年数は同じですか? それぞれ耐用年数が違ってい
たらどの材料の耐用年数が、屋根の耐用年数なのでしょうか?

答え: 一番寿命の短い材料が、その屋根の耐用年数です。 瓦、釉薬瓦は、60年の耐用年数があります。 しかし、その下で漏れた水を防いでいるルーフィングの耐用年数は、おおよそ20年です。 つまり、瓦の耐用年数は60年ですが、25年後、30年後に雨漏りが起こるのは、このルーフィングがだめになっている可能性が大です。 外から仕上げ材が何ともないのに、雨漏りが始まった! 何故??これで電話がかかってきます。 それは、釉薬瓦がおかしいのでは なく、ルーフィングの耐用年数が来たと考えるのです。 何故ルーフィングの耐用年数が来ると雨漏りになるのか?の詳細な解説は別 ページにするとして、屋根の耐用年数は、瓦の寿命、耐用年数ではない! ということです。 雨漏りの仕組み


 1: 下地材の耐用年数:水に濡れなければ、腐食しなければ50年~60年  
    それ以上かも?

 2: ルーフィングの耐用年数; 一般のルーフィングは、20年と言われてい
    ます。(ルーフィングのメーカーは、耐用年数の仕様を出していません
    保証の年数もありません)

 3: 仕上げ材の耐用年数;
    釉薬瓦;60年、素焼き瓦;40年(いずれもメーカーは保証していません
    が)スレート(コロニアル、カラーベスト);20年程度
    ガルバリウム鋼板(普及品);25年以上(保証は別規定)
    ジンカリウム鋼板;50年;(ジンカリウム、ガルバリウム鋼板を石粒で
    コーティングされた材料)
    トタンの耐用年数;15年~20年(ただし頻繁に塗装が必要)

耐用年数は、保証の年数ではありません。あくまでも目あすの年数です。

●バランスの悪い組み合わせは、屋根全体として損なこと!

 例えば、最近出てきた、ジンカリウム鋼板、正確には、ジンカリウム鋼板の上に細かい石がアクリルなどでコーティングしてあるので すが、これをジンカリウム鋼板とか自然石粒付鋼板、石粒付鋼板とか一般には言っています。正式な一般名は定まっていないようです。 これを施工するとします。 何も屋根屋に言わなければ、一般のルーフィング;20年耐用年数のものを施工するでしょう。 ではその屋根の耐用年数は? 上のことを踏まえると、その屋根の耐用年数は、20年です。

 え! 折角耐用年数 50年のジンカリウム鋼板を選んだのに、ルーフィングの方が早く寿命が来て雨漏りになります。20年後か30年後 かは不明ですが、50年より前に屋根がだめになることは、予想できます。ルーフィングの寿命がジンカリウム鋼板のそれよりかなり短い のですから・・・この選択で良いのでしょうか?


●耐用年数の長い仕上げ材を選んだら、耐用年数の長いルーフィングを選ぶこと

これ、ジンカリウム鋼板がまだあまり普及していないこともありますが、知らな
い屋根屋さんも多くいます。

まして、20年以上、耐用年数のあるルーフィングも知られていません。
最近では、スレートをガルバリウム鋼板へ張替えるお客様、瓦を軽量化のため、
ガルバリウム鋼板へ張替えるお客様が増えています。スレートの張替えは、10件
あったら、8,9件は、ガルバリウム鋼板への張替えです。でも普及品のガルバリ
ウム鋼板でしたら、一般のルーフィングで充分と思います。

しかし、ジンカリウム鋼板や瓦など20年以上、耐用年数のある材料、屋根を施工
するとすると、気を使ってもらいたいのが、ルーフィングです。

サブコンテンツ

耐用年数が20年以上あるとカタログに明記されているルーフィング

  • マスタールーフィング

    マスタールーフィング

    マスタールーフィング; 耐用年数50年

  • ライナールーフィング

    ライナールーフ

    ライナールーフィング:耐用年数30年



問い合わせフォームへ

屋根張り替えお助け隊 トップページへ



   受付の女性画像、屋根張り替えお助け隊の


     屋根張替えドットコムは、屋根張り替え・屋根工事の概算金額・価格相場を
     公開しています。また工事の工程、あなたの家の適切な屋根材、張替えの
     工法をご紹介しています。

_________屋根張替えの依頼・ご用命は、屋根張替えドットコムへ________

このページの先頭へ