結露のできる原因と仕組み

◆屋根の構造は、下から

    コンパネ(昔は野地板)合板、下地材と言う
    防水シート(下葺き材)、商品名は、アスファルトルーフィングとか
    ゴムアスなど屋根材、瓦、スレート、ガルバリウム鋼板などの仕上げ
    材など普通の家の屋根はこの3層の基本構造になっているはずです。


結露ができる仕組み

図1: 結露ができる仕組み

結露は、温度差のあるところに湿った暖気があるとできものです。図1では、例えば冬、暖房の湿った暖気が、天井を 抜け部屋から小屋裏にあがり、防水シートまできます。防水シートは、空気を水分を通さないのでここで冷やされた屋根 材、防水シートに出会い、コンパネ上に水滴ができます。 これが結露です。

結露は、木材であるコンパネを加水分解し、悪いとカビ、微生物によって腐敗が始まります。コンパネが柔らかくなり、 やがて屋根材を支えきれなくなります。雨漏りの原因にもなりえます屋根材からの雨漏りと思っていたが、調べてみると この結露だったということもあります。結露が溜り、天井にしずくが落ちて雨漏りのように天井を濡らします。

結露について




結露対策

図2: 結露防止の対策

結露を防止する方法は、3つ
  1: 湿った暖気を逃がす。 小屋裏に暖気を滞留させない

  2: 屋根材に近いところで断熱し冷えた屋根材と暖気を遮断する

  3: 暖気を小屋裏に入れない

結露の仕組み


主にこの3つですが、これらすべてを施工すると完璧な結露対策です。しかし、根本的な対策は、暖気を小屋裏にいれない、 入ったら必ず暖気を屋外に出すといった方法が最も効果のある方法です。ですからまず、費用のあまりかからない1の方法である換気棟を つくり、小屋裏に入ってしまった湿った暖気を逃がすことです。換気棟は私は必須と思っています。

そして天井で暖気をシャットアウトする天井断熱方法です。 これは屋根の施工の後からでも施工ができますので、 お金はかかりますが(¥2500/㎡ぐらい)かなり効果のある方法です。天井で断熱すると、小屋裏(天井裏)は、 部屋と遮断され換気口があると、外気と同じ環境(温度・湿度)になり、屋根面での内と外で温度差・湿度差がほぼなく なりますので、結露は発生しません。 また壁、柱の隙間から天井裏に入り込んだ湿った暖気が漏れてきても、換気口から 逃がしてやることができます。

問い合わせフォームへ

屋根張り替えお助け隊 トップページへ
サブコンテンツ
   受付の女性画像、屋根張り替えお助け隊の

     屋根張替えドットコムは、屋根張り替え・屋根工事の概算金額・価格相場を
     公開しています。また工事の工程、あなたの家の適切な屋根材、張替えの
     工法をご紹介しています。

_________屋根張替えの依頼・ご用命は、屋根張替えドットコムへ________

このページの先頭へ